尾崎裕哉の歌唱力は?父の尾崎豊とどちらが歌がうまい?母は?大学は?

尾崎裕哉さんは、最近歌番組で良く拝見するようになった、シンガーソングライター。あの尾崎豊さんのお子さんであるという事で有名になりましたね。

彼がデビューする前、一体どんな方なんだろう。どんな歌声なんだろうと、とてもわくわくしました。

そして、今年の7月16日にTBSの「音楽の日」でテレビ初出演されて、彼の歌を聴くことができ、とても感動したのです・・・

スポンサーリンク

尾崎裕哉の歌唱力は?

尾崎裕哉さんについて、もう少しご紹介されてくださいね。

出典 http://laughy.jp/

出典 http://laughy.jp/

プロフィール

生年月日 1989年7月24日 年齢26歳 2016年現在
出身地  東京都
活動期間 2004年~
レーベル トイズファクトリー

学歴
2008年6月にアメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業
2008年9月より慶應義塾大学(SFC)環境情報学部
2013年4月より慶應義塾大学大学院修了

ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E5%B4%8E%E8%A3%95%E5%93%89

学歴が華やかですね! しかも、在学中に自身のラジオ番組を持ったり、音楽活動をしたりなど活躍されていました。

TBSの「音楽の日」で、尾崎さんは父尾崎豊の曲である「I LOVE YOU」と、ご自身のオリジナル曲である、「始まりの街」を披露されました。

「I LOVE YOU」を聴いた時に、その歌唱力の確かさに感動したのですが、何よりやはり尾崎豊さんに声質も似ていて、親子なんだなと当たり前なのですが、その事にも感動してしまいました。

尾崎さんほど、切迫感のある歌声ではなく、もう少し伸びやかに澄んだ歌声のように思います。

父の尾崎豊とどちらが歌がうまい?

父・尾崎豊さんについて

http://label.100minus8.net/

http://label.100minus8.net/

尾崎豊さんは、1983年に「15の夜」と「17歳の地図」で高校在学中にデビューしました。
その当時の若者世代にマッチした数々の楽曲や、ライブパフォーマンスで若者世代のカリスマ的存在となりました。

その後、方向性に悩んだ尾崎さんは道を見出す為に渡米しましたが、あまり収穫は無く、帰国した後過労によりツアーを中止したり、覚せい剤取り締まり法違反で逮捕されたりと低迷期を過ごす事になってしまいました。

そんな中、1992年に突然尾崎さんが亡くなられたときには、ファンの方はもちろん、そうでない方にも衝撃を与えました。

出典 http://p.twipple.jp/2YA9P

出典 http://p.twipple.jp/2YA9P

死因は肺水腫という事なのですが、それにいたるまでの行動に謎が多く、当事騒がれました。

自宅マンション近くの民家(後に尾崎ハウスとして、ファンの方の心のよりどころになる)の庭先に全裸で倒れていて、一度病院に行き、もっと精密な検査をしたほうが良いと言う医者の診断を無視して自宅に戻りました。

そして、その後容態が急変し呼吸が止まり、救急で病院に搬送されましたがその後死亡が確認されると言う残念な結果になってしまいました。

他殺なのではとか、遺書があったので自殺だとか、様々な事が言われていますが、真実はどうなのでしょうね。

どちらが歌がうまいのか

尾崎豊さんも、尾崎裕哉さんも歌がうまい事は間違いないので、これは、好みの問題であると思うのですが、私が思うには、尾崎豊さんのほうが、より私の心に訴えかけてくるような歌であるなと思いました。

出典 http://seidentest.com/

出典 http://seidentest.com/

それには、昔聞いていたからとか、自分の思い出とリンクするからとか、尾崎豊さんが急逝してしまったからなどと、歌の背景にあるものの多さという事もあるのかもしれませんし、私がより切なく、切迫感のあるほうが好きだと言う事なのかもしれません。

尾崎豊さんを知らない世代の方に、何も情報を与えずに二人の歌声を聴き比べてもらったらまた違った感想があるのかもしれませんね。

どちらにせよ、裕哉さんもお父さんの血を引いて、音楽の道に進む事になり、尾崎さんの息子という事で周知に認知されやすいと言う良いところもあれば、偉大な父と常に比べられるなどとつらいところもあると思いますが、頑張っていただきたいですね。

母は?

尾崎裕哉さんのお母さん、つまり尾崎豊さんの奥様ですが、尾崎繁美さんという方です。一般の方で、1987年尾崎さんが22歳の頃に結婚しました。

出典 http://seidentest.com/

出典 http://seidentest.com/

お顔立ちのはっきりした美人さんですね。

尾崎豊さんは、20代になってから自分の音楽の方向性を見失い、悩む時期に入ったのですが、そんな辛い時期を支えてくれた方なのでしょうね。

そして、1989年7月に裕哉さんが生まれました。

それから二年後の1992年4月に尾崎豊さんは亡くなってしまったのですから、結婚生活、そして家族での生活はとても短いものでした。

しかし、親子で過ごした期間は短いけれど息子の裕哉さんは父と同じ道を進む事になるわけですから幼いながらに父の影響を強く受けたのだと思います。

大学は?

先ほどプロフィールでご紹介しましたが、尾崎裕哉さんは2008年6月にアメリカンスクール・イン・ジャパンを卒業した後、2008年9月より慶應義塾大学(SFC)環境情報学部に入学、その後2013年4月より慶應義塾大学大学院修了しています。

出典 http://9rious.jp/

出典 http://9rious.jp/

裕哉さんは、お父様が亡くなられてからニューヨークでの生活を母子で送りました。

やはり、尾崎豊さんの突然の死という事で、マスコミからいろいろと追求され大変な目にあったため日本を離れたのではないかと思われます。

それからは、「尾崎豊の子である」と言う事を知らずに育った裕哉さんでしたが、ネットの情報により、自分がそうであるとわかったのだそうです。

海外で長く生活していた裕哉さんはもちろん英語力も高く、しかも慶應義塾大学の大学院を修了しているという事でかなりの秀才である事がわかりますね。

賢く、音楽の才能もあり、あのルックスという事で天は二物どころか、三物も与えているという事で、羨ましいですね。

現在は?

裕哉さんですが、オリジナル曲はありますが、父の楽曲「I LOVE YOU」を父そっくりに歌い上げたりして、父のカバーというか、そっくりさん的な活動をされているのかと思いきや、彼の「15の夜」を裕哉さんのアレンジで歌っている楽曲が音楽ユニットの『CrouchingBoys』として活動していた時のトリビュートアルバムにあって、聴いたのですが、とってもおしゃれになっていて、これもまた素敵でした。

出典 http://seidentest.com/

出典 http://seidentest.com/

動画もありますので、ぜひ検索して聴いてみてください。

ただカバーするだけじゃなく、父を尊敬し父の楽曲を素敵にアレンジして一つの作品にする。高い音楽性が無くてはできない事だと思いました。

ですから、今後もオリジナル曲も、父のトリビュート曲もどんどん裕哉さんの感性で素敵な作品にして私たちに聴かせていただきたいと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする