ハマ・オカモトと父・浜田雅功のラジオ対談が面白い!親子関係が素敵?

ハマ・オカモトさんはバンドOKAMOTO’Sのベーシスト。また、星野源さんや、椎名林檎さん、ももいろクローバーZなど数々の有名アーティストのバックバンドでベーシストとして参加する実力派ベーシストです。

ハマ・オカモトさんのベースが好きすぎて、いろいろ調べているうちに、父親である浜田雅功さんとのラジオ対談の音源を見つけて聞いてみたらとても面白かったのです・・・

スポンサーリンク

ハマ・オカモトと父・浜田雅功のラジオ対談が面白い!

このラジオ対談は、J-WAVEの番組RADIPEDIA(番組は2014年10月1日終了、ハマさんは木曜日担当)で2013年1月3日放送されました。

ws000055

収録が2012年のクリスマスだったのですが、お正月放送ということで、お正月の過ごし方や、過去の思い出などの話も出てきて、とてもほほえましかったです。

エピソードをご紹介する前に簡単なプロフィールを載せて起きます。

ハマ・オカモト

本名    濱田郁未(はまだ いくみ)
生年月日  1991年3月12日生まれ
出身地   東京都
学歴    和光学園
ジャンル  ファンク ロック
職業    ベーシスト
レーベル  アリオラジャパン
共同作業者 OKAMOTO’S

ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%88

中学生の頃からベースを始め、高校生の頃ズットズレテルズというバンドで活躍し、(~2009年)OKAMOTO’S(ズットズレテルズのメンバーのうち3人と。計4名のバンド。2009年~)に加入。

浜田雅功

本名   濱田雅功
生年月日 1963年5月11日(53歳)
出身地  兵庫県尼崎市
出身   NSC大阪一期生
コンビ名 ダウンタウン
事務所  よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動期間 1983年-

ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E7%94%B0%E9%9B%85%E5%8A%9F

お笑いコンビ ダウンタウンは有名すぎて説明する必要も無いほどですね。ダウンタウンは松本人志さんも、浜田雅功さんもお一人での活動も多く、どちらもその才能を多方面でいかんなく発揮しています。

浜田さんは、歌手、俳優として活躍されていて以前は良くドラマに出演されていましたけど、今はたくさん番組を持っているのでお忙しいのでしょうね。また、浜ちゃんの演技を見てみたいのですが・・・。

前置きが長くなってしまいましたが、ラジオでのエピソードをご紹介いたします。

お正月の過ごし方

番組のテーマ「みんなお正月に何してる?」に合わせてお正月の話から始まりました。

出典 http://spotlight-media.jp/

出典 http://spotlight-media.jp/

子供の頃はお正月にはハワイへの家族旅行をされていた浜田家ですが、ハマ・オカモトさんは現在は年末に音楽フェスに参加していて旅行には行けていないようです。

浜田さん「俺の中でフェスって何?みたいなとこあんねんけど」(ちょっと茶化すように)
ハマさん「幕張とかで一晩中いろんなバンドが出まして、それこそ民生さんとか」
浜田さん「朝までて!客(のテンション)持つ?」
ハマさん「持ちますよ!」

ラジオを聴いていると、浜田さんがフェスに対して「フェスって偉そうに~」みないに思っている所があって、ハマさんが「偉くないですよ」と返したのが面白かったです。

フェスの後は何をやっているのかという浜田さんの質問に

ハマさん「北海道とかに行っちゃった友達が帰ってきたりして、みんなでワイワイと」
浜田さん「 ワイワイやってんの? めっちゃええやん!」「自分だけ一抜けしてやらしいな」
ハマさん「いやいや別にやらしくないし、仕事の始まりも早いわけだから。正月明けから曲つくってますから。」
浜田さん「それ言われたら俺なんも言われへんわ」

と、お正月から忙しいハマさんにまんざらでもないようでした。

ハワイで死に掛けた?

これもお正月のハワイ旅行のエピソードでしたが、まだ一緒に家族旅行に行っていた頃のお話です。

イメージ画像

イメージ画像

*画像はワイキキビーチの写真です。

お母さんの小川菜摘さんと一緒に行動するとお買い物ばかりなので、浜田さんのゴルフについていった時の事。

浜田さん「あ~! お前ゴルフ連れてって死にかけたことあったわ。」
ハマさん「それはまだ中学生ぐらいなのに、カートを運転させるからでしょ。」
浜田さん「中学くらいだったら、カートくらい運転できるやろ。」
ハマさん「こっちはお前、ゲームセンターでの……。」
浜田さん「こっちはお前って誰に言うてんねん。」
ハマさん「ハッハッハッハッ。お前っていうのはあれだけど、ゲームでしか運転したことないのに。」

いきなり死に掛けたと責められたハマさん、話が盛り上がってつい「こっちはお前・・・」と、浜田さんのことをお前呼ばわりしてそれをつっこむ浜田さんが面白かったです。

崖のような所で、カーブを曲がりきれず前輪が崖の方に飛び出して、ハマさん曰く浜田さんは一目散に逃げたというのですが、浜田さんは「お前記憶おかしなってないか?」と否定。

それに対し、「なってない。なってない。怖さで横見たら誰もいなくって。」とそれを否定したハマさん。真相は一体どうなのでしょうね。親なら助けたと思うんですけどね。

OMAMOTO’Sについて

ハマさんが、OKAMOTO’Sで自分がベースを弾いていることについてそれを知っているかとたずねた所から始まりました。浜田さんは一度OKAMOTO’Sのライブを観に行ったことがあったそうです。

出典http://www.fujitv.co.jp/

出典http://www.fujitv.co.jp/

大阪の番組に出演するために前ノリで大阪に行った浜田さんですが、妻の小川菜摘さんが「そういえば、郁未(ハマさんの本名ですね)が大阪に来ている」と言ったので観に行ったのですね。

浜田さんが来ると知らなかったハマさんやスタッフの人たちは浜田さんを見てあわてたようです。浜田さんは、一番後ろの方で見ていて終わったらすっと帰ったとの事。

感想をハマさんが聞くと

「なんかワーワー言うとんなー。やかましなー。全体的にやかましいなーみたいな感じで。」と答えていました。

また、OKAMOTO’Sについて、いろんな現場でいろんな方に「OKAMOTO’Sいいですね」と言われるそうなのですが、「知らないですって答えるんやけど」と言っていました。

照れ隠しなんでしょうね。

高校生の頃のハマさんが・・・

浜田さんが突然思い出したように「俺忘れてへんぞ」と切り出しました。

出典 http://thumb1.goo.ne.jp/

出典 http://thumb1.goo.ne.jp/

ハマさんが高校生の頃の食事中の出来事です。

浜田さん「お前お前音楽で飯食って行こうと思ってんの?」て聞いたら、『そんなに甘くねえよ!』て答えたな。その言葉、口調今でも覚えてるぞ」

ハマさん「あの頃は尖ってたのかな」

その頃から音楽活動をしている息子に何気なく聞いたのだそうですが、それに対しハマさんが必要以上に尖がった返しをしたので記憶に残っていたのでしょうね。浜田さんがハマさんの「あの頃は尖ってたのかな」に対して「尖がってはられたんでしょうね」と答えていて面白かったです。

その会話で浜田さんは、音楽業界が甘くないということをハマさんが知っているなら良しと思ったそうですよ。

ダウンタウン30周年について

ダウンタウンが結成30周年ということで、浜田さんにどんな感じなのかを尋ねていました。

http://news.mynavi.jp/

http://news.mynavi.jp/

浜田さんはあまり実感が無いといいその感じについてこのように説明していました。

浜田さん「もう無くなったけど前のNGKで舞台終わって楽屋の前でじっとしてて、師匠連中に『お前いくつや』て言われて『23です』て答えて、それがまだ続いてる感じ」

ハマさんは同じお仕事を選ばなかった理由について、子供の頃から見てきているから真似しようとも思わないと語っていました。

ハマさん「俺のイメージでは、ガキの使いでジャージを着てる感じ。よく分からないんですけど、畑が違うから」
浜田さん「いやね、違う畑行ってくれて助かったよ。たまにおるけども。お前がお笑いやりたい言うたらボコボコやで。そんな甘いもんちゃうし」
ハマさん「小さい頃から見てるからマネしようとも思わない」

大変な仕事であること、父の業績は偉大であることなどを知るハマさんですから、同じ業界に行けば父を超えなくてはいけないけどそれは無理であるとも思っていたようです。

そんな親子ですがお互いの仕事についてはあまり聞かず、ハマさんに至っては、「年末のガキの使いは何をするの?」だけだそうです。

それについて、浜田さんは「でも見てるの?年末は君らの『フェス』いうのがあるんとちゃうの?」と相変わらず茶化し、ハマさんは「フェスはいいじゃないですか。」と返していました。「ガキの使いは後で見てますよ」との事でした。録画して観ますよね。

外食の話

子供の頃、ハマさん兄弟(郁未さんと、弟の未乘・みのりさん)が外食を嫌っていた事について浜田さんが切り出しました。

イメージ画像

イメージ画像

浜田さん「小さい頃、外でメシ食い行く時、嫌がってたよな。おたくら兄弟ふたり。」
ハマさん「だって目立つじゃないですか?」
浜田さん「全然目立ってへんし。」
ハマさん「ただハンバーグ食べてるだけで、店員ふくめ全員コソコソしてるわけでしょう。」

浜田さんは全く変装をしないし、目立つから嫌だったのだそうです。
それに、マナーの悪いお客さんを怒ってみたりするらしいので、余計目立ちますよね。
その件に関しては、浜田さんが、「それが重なると嫌になりますよね。申し訳ない、ホントに。」とハマさんに謝っていました。

ハマさんのベースについて

ダウンタウンの結成30周年で雑誌「Switch」で浜田さんの特集が組まれ、その付録CDには、奥田民生さん作曲の「ラブレター」という曲を浜田さんが歌っています。

出典 http://www.cinra.net/

出典 http://www.cinra.net/

実はその曲のベースをハマ・オカモトさんが担当したのです。

奥田民生さんに声を掛けられて参加することになったそうです。(その時はまだ息子であることを公表していなかったのでクレジットは「人の息子」という名前になっています)

浜田さんがレコーディングに行くと、「おいっす」と聞こえてきて、それがハマさんだったそうで、浜田さんは、普通はどこの現場に行っても挨拶は「おはようございます」だろうと。

ハマさんは、「お前、おいっすって・・・」と突っ込まれるだろうと思っていたら、ものすごい怖い顔でにらまれたと言っていました。

親しき仲にも礼儀あり。という事を教えたかったのでしょうね。

そして、「ラブレターのベースはどうだったか」というハマさんの質問に浜田さんは

「泣いてたね~」と。普通それはギターに使われる言葉なのでハマさんが、「それはギターに使われる」と突っ込むと、「ボンボンボンボン言うてたな」と。照れくさいのか、適当に感想を述べていて面白かったです。

親子関係が素敵

対談を聞いていて思った事は、浜田さんとハマ・オカモトさんがとても仲良しであることと、でもお互いのお仕事に干渉しすぎず、お互いの仕事を認めている所が素敵だと思いました。

また、これはラジオで出た話ではないのですが、浜田さんは、生まれたばかりのハマさんに心臓病の疑いがあると医師に言われたときに、ショックで愕然としていたする妻の小川菜摘さんに

「たとえ、どんな病気だったとしても、オレとオマエがついているやんか。一生懸命育ててやるしかないやろ」

と励ましたのだそうです。

そして、次男の未乘さんが生まれる前には、長男であるハマさんのことを考えて

「郁未にとって、両親の愛情を独り占めにできる最後のチャンスを作ってやろう。仕事があるから一泊しかできへんけど、つれてってやろうな・・・」

と旅行に連れて行ったのだそうです。

ラジオの対談という面と向かっての事でしたので、ハマさんの事をおおっぴらにほめたりせず、茶化したり、面白く話していましたが、本当に子供思いのお父さんだと思います。

違うジャンルでお互い活躍しているハマ・オカモトさんと浜田雅功さん。

これからも第一線で活躍し続けていただきたいですね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする