平尾勇気の複雑な家庭環境?いじめ?苦難を乗り越えて歌手に!現在の活動は?

平尾勇気さんは、最近テレビで良くお見かけする、金髪にサングラスという派手な外見のタレントさん。バラエティ番組などでは、彼の豪遊っぷりが取り上げられたりして、まさに苦労した事が無さそうな2世さんなのですが、そんな彼もいろいろと苦労していたのでした・・・

スポンサーリンク

平尾勇気の複雑な家庭環境?いじめ?

平尾勇気さんは、父親が昭和を代表する作曲家の平尾昌晃さんで、母親も元歌手の小沢深雪さんという家庭の次男として生まれた2世さん。

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

ご本人も父親の才能を受け継いだようで、中学生の頃からギターを始め、作曲をこなすなど音楽の世界に魅せられていきました。

母の小沢さんは勇気さんが二歳の頃平尾さんと離婚してニューヨークに住むようになっていましたが、勇気さんはそんな母親の元に行き、ブロードウェイや、ライブなどを見て音楽の世界を深く学んだようです。

平尾勇気プロフィール

生年月日 1981年3月10日(35歳)
出身地  港区西麻布
学歴   湘洋中学校卒業
職業   歌手 俳優 タレント
レーベル ポニーキャニオン(2004年)
ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B0%BE%E5%8B%87%E6%B0%97

両親の離婚

先ほども少し書きましたが、平尾勇気さんの両親、平尾昌晃さんと小沢深雪さんは勇気さんが二歳の頃に離婚しました。

出典 http://subcultoka.jp/

出典 http://subcultoka.jp/

その後、勇気さんとお兄さんは平尾昌晃さんが引き取る事になりましたが、お仕事が忙しい平尾さんでしたから、兄弟はなかなか平尾さんとは過ごせないようで、兄弟の面倒は「谷のおばちゃん」といわれる女性がしてくれていたようでした。

いじめと非行

平尾昌晃という有名人を父に持つ勇気さん。家には松田聖子さんや、五木ひろしさんなど有名人が出入りしていたとか、子どもの頃に勝新太郎さんからもらったお年玉は、サラリーマンのボーナスを上回るほどだったとか、子供の頃から六本木に遊びに言っていたなどと華やかな話題も多い彼ですが、小学校ではいじめられていた事があったそうです。

出典 http://geinou2.com/

出典 http://geinou2.com/

普段は忙しい父親ですが、授業参観などに行くと「あ~平尾 昌晃さんだ~ サインください」と騒ぎになったりするそうで、そんな事からいじめの対象になったようです。

いじめの内容としては、靴の中に画びょうを入れられたとか、教室で椅子を蹴られて、それに怒ったら顔面を殴られたという派手ないじめだったようで彼は半ば不登校になってしまいます。

そんな事があった為、父親の出身地である湘南に兄と、谷のおばちゃんと三人で引越したそうです。

しかし今度は逆に不良少年化し14歳で暴走族に入り暴れまわる日々を送る事になってしまいました。250台の暴走族 全日本レーシング連盟のトップのチームの特攻隊になったそうです。

そんな生活を送っている頃、平尾兄弟のお世話をしてくれていた「谷のおばちゃん」が末期がんで余命半年の状態である事を父親から伝えられショックを受けた、勇気さんはそれを機に仲間の誘いを断るようになったのだそうです。

「おばちゃん、絶対に直るよ!ごめんな、いままで迷惑をかけた分 恩返しをするから!」

と毎日バイトに明け暮れたと2014年6月18日のブログに当時の事を綴っています。

勇気さんの願いも叶わず、谷のおばちゃん(谷くに子さん)は73歳の生涯を閉じました。

谷さんは勇気さんだけじゃなく、暴走族の仲間たちからも慕われていたようで、皆からその死を悼まれたそうです。暖かい女性だったんですね。

苦難を乗り越えて歌手に!

勇気さんのブログでは、谷さんの事だけではなく、その他にもその頃の勇気さんを支えてくれた西尾さんという方との出会いの事も書いていました。

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

15歳で名古屋に移り住んだ時に、ご飯に連れて行ってくれたり励ましてくれたりしたそうです。20歳になり歌手を目指して上京し、歌手としてデビューした時も CDもたくさん買ってくれたり、皆に宣伝してくれたりしたそうです。

そして勇気さんは 2004年にポニーキャニオンレコードからメジャーデビュー。

出典 http://www.zakzak.co.jp/

出典 http://www.zakzak.co.jp/

「ハダカの☆楽園」をポニーキャニオンからリリースする事になった勇気さんは会見で、上半身裸にアロハシャツを羽織るという露出度大の衣装で登場しました。

自分で作詞作曲した「ハダカの楽園」はTBSのサンデージャポンのエンディング曲になり、有線チャート3位を獲得し日本レコード大賞新人賞にノミネートされるなど活躍し始めます。

暴走族で暴れたとか、いろいろと荒れていた勇気さんですが、仲間や助けてくれる大人に支えられて生きてきた事を感謝しています。

今でも勇気さんは、ステージで「おばちゃん、今日もありがとう」と必ず心に言ってマイクを握るそうです。

現在の活動は?

勇気さんの現在の活動ですが、DJ Yuki Hiraoとしても活動を開始し、歌手、作詞作曲家、プロデューサーとして活躍をしています。

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

また、2012年2月22日に名古屋在住の元モデルさんと結婚をし、2012年4月9日には長女流音(るか)ちゃんを、2014年2月5日には長男の勇人(はやと)くんをもうけ、二児の父親としてもがんばっています。

ブログでは、2人の子供を可愛がっている様子なども綴っていて、とても楽しそうな家庭を築いていますね。

出典http://ameblo.jp/

出典http://ameblo.jp/

両親の離婚等でさびしい思いをした勇気さんですが、現在は楽しそうな家庭で幸せそうで良かったです。

父の平尾昌晃さんや、お兄さんなどとみんなで食事に行ったりされているようで、それも良かったです。

バラエティ番組ではそのチャラさをデヴィ夫人に怒られたり、他の二世タレントさん達にも引かれたりというキャラで売り出している(?)勇気さんですが、その他の活動もぜひテレビなどで拝見したいものです。

歌手としては、地方の営業活動などが多いようでテレビでは拝見した事が無いのですが、ぜひまた「ハダカの楽園」のようなヒットソングを作ってテレビでも歌って頂きたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする