仁科克基の兄妹は何人?家族関係が複雑?元嫁との離婚理由は?子供は?

仁科克基さんは、つい先日亡くなった昭和の名優・松方弘樹さんの息子さんで、父と同じく俳優・タレントとして活躍している二世さん。

私の中では、俳優というよりは、2世タレントとしてバラエティ番組に出演している明るいイメージが強かったのですが、この度の松方さんの訃報に際した仁科さんのコメントを聞き、またその複雑な家族環境を知り、彼もいろいろ苦労されたのだろうなと思いいろいろと調べてみました・・・

スポンサーリンク

仁科克基の兄妹は何人?家族関係が複雑?

http://www.zakzak.co.jp/

仁科さんの父である松方弘樹さんは、仁侠映画などに多く出演していた為にこわもてのイメージがありますが、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」に出演していた時の、ちょっと甲高い声で笑う姿や、汗をかいた時にハンカチを小さくたたんでぬぐう姿がイメージと違ってとても親近感を覚えて可愛かった事を思い出します。

役柄ではとても怖いイメージ。でも可愛いところもあり、そして実はとても優しい方だったと知り、そんな所が女性にモテたのだろうなと納得しました。

出典 http://eiga.com/

そんな松方さんは、恋愛遍歴も華麗で、その為に仁科さんの他にお子さんが5人いるということです。

詳しく書く前にまず仁科克基さんのプロフィールをご紹介いたします。

 仁科克基プロフィール

本名  仁科正樹
別名義 目黒正樹(旧芸名)
仁科克己(旧芸名)
岩井久次郎
生年月日 1982年9月2日
出身地 京都府 西京区
血液型B型
活動期間 1989年~
配偶者 多岐川華子(2011年~2012年)
著名な家族 松方弘樹(父)
仁科亜季子(母)
仁科大樹(異母兄)
仁科仁美(妹)
事務所  松竹エンターテインメント

ウィキペディア https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%81%E7%A7%91%E5%85%8B%E5%9F%BA

仁科克基さんは、松方さんの2人目の奥さんである仁科亜季子さんのお子さんで、同母妹に、仁美さんがいます。

ちょっと複雑なのですが松方さんの前妻、愛人とのお子さんについても書いてみたいと思います。

2人の妻と愛人と事実婚の妻

松方さんの恋愛遍歴が華麗で、ちょっと複雑なのですが松方さんの前妻、愛人とのお子さんについても書いてみたいと思います。

1人目の妻 夏子さんの子供

モデルをされていたという夏子さんとの間に、長男 目黒大樹さん、長女目黒なえさん、次女目黒なちさんがいます。

長男の目黒大樹さんは俳優をされていて、1991年頃から映画に出演。ヤクザ映画に多く出演していたようです。
2003年を最後に表舞台からぱったりと姿を消していますが、現在何をしているのか情報が見つかりませんでした。

2人目の妻 仁科亜希子さんの子供

女優の仁科亜希子さんは、松方さんと結婚した当時26歳。若手のお嬢様女優として人気でした。

出典 http://ameblo.jp/

松方さんは結婚していましたので、不倫という事になりますね。お嬢様女優の仁科さんが、不倫という事でとても騒がれました。
仁科亜希子さんのお子さんが長男 仁科克基さん、長女 仁科仁美さんです。
仁科仁美さんもモデル、タレントとして芸能界で活躍されています。

出典 http://www.officiallyjd.com/

仁科さん兄妹と松方さんは絶縁状態にあったと言われ、松方さんの死去の際にも会う事はできずじまいだったようです。ご自身のブログを24日に更新し、このように綴っていました。

「突然の事で、本当に残念で仕方ありません、15年以上も、会えないままの 別れになってしまいました。最後にもう一度会って、一緒にお酒でも、飲みたかったです。僕にとって、偉大で、大変尊敬する役者でした」

3人目 愛人 千葉マリアさんの子供

歌手の千葉マリアさん(当時はマリヤさん)にはデビュー前に別れた旦那様との間に息子が一人いました。

出典 http://i.rubese.net/

松方さんは、仁科亜希子さんと結婚した後千葉さんともお付き合いをし、子供ももうけました。
名前を十枝真沙史さんと言います。1984年生まれましたが、三年間隠し子として世間に公表されない存在でしたが、1987年に公になりました。養育費も支払っているようです。

十枝真沙史さんは、2005年ごろに俳優デビューしているという情報があるのですが、何かのドラマや映画に出演していたという詳しい情報は見つからず。一般人として他の仕事をしているのか、テレビには出ない舞台俳優として活躍されているのでしょうか。

4人目の事実婚の妻 山本万里子さん

松方さんの最後を看取ったと言われる、事実婚の妻 山本万里子さんとの間には子供はいません。

出典 http://geitopi.com

元嫁との離婚理由は?子供は?

仁科克基さんは、女優の多岐川裕美さんの長女である多岐川華子さんと2011年1月11日にグアムで結婚式をあげ、当時2世同士の結婚と言う事でかなり話題になりました。

出典 http://pinky-media.jp/

松方弘樹さんも、多岐川裕美さんも大スターですからね。

そのお子さん同士の結婚ですから、結婚式もかなり華やかで出席された方々もかなり豪華メンバーだったようです。

同年4月23日にホテル・オークラで行われた披露宴には300人の著名人などが出席したそうです。

ただ、父親の松方弘樹さんは出席されておらず・・・。

母の仁科亜希子さんと離婚されたからでしょうが、父親としては出席したかったでしょうか。

出典 http://pinky-media.jp/

母の仁科亜希子さんと多岐川裕美さんとの4ショット。さすが女優さん。お美しいですね。

2012年6月15日放送の、「家族になろうよSP」では自宅を公開。リビングに結婚式の写真が飾られていて、BOXの中からは華子からの手紙が大切に保存されている様子などが放送され、幸せな結婚生活を送っていると思われましたが、7月には2人の間がギクシャクしていると話題になりました。

結婚について、多岐川裕美さんは華子さんに、もう少ししてからとかなり反対されていたようですが、それを押し切って結婚したお2人でしたが、母親の不安が的中したのか、結婚後1年9ヶ月で離婚すると言う事になります。

離婚理由については、お互いの意見が食い違っているのですが、華子さんからすると仁科さんのキャバクラ通い、女癖の悪さ、お金使いの荒さなどが理由だったのではないかと言われ、

仁科さんからすると、晴天の霹靂だったようです。

「実家に帰る」というので、車で送っていったが、翌2日の朝、「おはよう」とメールすると、返ってきた返事は「離婚したい」だったという。

「(以前から)ちょこちょこ実家に帰ってたんで(何とも思わなかった)」とあっけらかんと振り返った。

けんかも絶えなかったようで、華子さんの方は性格の不一致も早くから感じていたようです。

先ほど書きましたメールの件については華子さんが否定しているという情報もありますから、事実はどうなのかわかりませんが、とにかく仁科さんが思っている以上に華子さんに負担をかけてしまっていたのかなと思います。

そんなお2人の間にはお子さんはいません。

新たな交際?

仁科克基さんは、バラエティ番組などで、華子さんへの未練を語っていたり、実際 再婚したいと口にしたりしていたようですが、華子さんの方ではバッサリとそれは無いと言っていました。

その後仁科さんは、女優、タレントである矢吹春奈さんとの交際が報道されました。

出典 http://www.officiallyjd.com/

今度はうまく行くのかなと思いきやまたしても破局しています。

破局原因は、仁科克基さんがキャバクラ嬢をお持ち帰りしたからなんだそう、女遊びが激しい所は治らないのかもしれません。

しかし、父親である松方弘樹さんも最後は事実婚の妻である山本万里子さんと最後まで添い遂げましたので、仁科さんにもそのような女性が現れると落ち着くかもしれませんね。

追記:父親のお金で豪遊?

4月23日放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に仁科さんが出演されました。

出典 http://www.msn.com/

仁科さんは、「偉大な父のお金を使いまくった、クズ2世先生」というテーマで、ご自身の”父親の金で豪遊を繰り返し、友人におごった総額は5000万円に上った”というエピソードを語りました。

なんと、お小遣いとしてもらっていたのではなく、お財布からお金をこっそり抜いていたのだそうです。

一回、10万円とか抜いても、お財布には300万円ほど入っているし、松方さんは支払いなどもお付の人がするため、お財布にいくら入っているか把握していない。

そして、翌日には母親がまた補充していて、お財布には300万円入っている・・・という生活でしたので、お金をこっそり抜き取れていたのだそうです!

400人くらいいた友人におごったりしていたのだそうです。

驚きですね。

そして、松方さんと仁科さんは、16歳の頃から完全に絶縁するわけですが、今年の1月に松方さんが亡くなるまでの19年間、全く連絡を取らなくなったそうです。

そして、父親を憎んだ仁科さんは本名の正樹という字に”樹”という字(松方弘樹の樹)が入っている事もいやで、芸名の克基という名前に改名しました。

離婚してからは、お金を使えない生活になり、お友達にもおごれなくなり、400人もいた友人も一人しか残らなかったのだそうです。

仁科さんは、松方さんの死に目に会えなかっただけでなく、葬儀にも参列していないという事で、絶縁状態のままで、何一つ状況も分かることなく、迷惑をかけるばかりで親孝行ができなかった事を後悔していると語っています。

そこで、「親が死ぬまでに必ずやっておきたい三つのこと」について授業では語りました。

一つは感謝の気持ちは伝えておきましょうと言うこと、

二つは親に謝りたいことがあるなら、謝っておきなさいと言う事を語っていました。

また、仁科さんは、松方弘樹さんの病気の事などはネットニュースで知り、芸能ニュースよりも父の情報を知らない事にショックを受けて、父に会おう、会いたいと思ったそうです。

そして、妹の仁科仁美さんにもお子さんが生まれた事もあり、松方さんに合わせたいねと思っていたけれど、なかなか機会が出来ず、病院に行って息子だと行ってもプライバシー保護の為にあわせてもらえなくて、強行突破で会いに行こうとしたが、ガードマンさんに止められ、別のニュースになってしまうからあきらめたエピソード、

タクシーの中で父親の死のニュースを知った事など、番組で語っていましたが、その事について出演者の大和田伸也さんが、松方さんは仁科さんの事を愛していたと。その事を聞いて仁科さんは言葉を詰まらせました。

最後に三つ目の事として、会えるうちに親に会って下さいということを切々と語っていました。

もらい泣きしました。

松方さんが亡くなった時に、大勢の方が悲しんだ。しかし、自分が死んだ時どれだけの人が悲しんでくれるだろうと。そう思うとその数は少ない。このまま、クズのままじゃいけない。自分は変わらなくてはいけないと語っていました。

ぜひ、しっかりとして、立派な俳優さんになっていただきたいと思いました。

脳リンパ腫という悪性リンパ腫の中でも発症率が低く、10万人に1人のまれな病気で父親を亡くされた仁科克基さん。

死に目に会えなかったこと、感謝や謝罪ができなかった事、などまだまだ傷の癒えぬおつらい日々をすごされる事と思いますが、早く心の傷が癒されますように。

仁科さんの活躍をお祈りすると同時に、松方弘樹さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする